産業医契約について

産業医契約について

企業のリスクアセスメントを
内側からしっかりサポート。
健診事業部へご相談ください。

健診事業部では企業の貴重な人材のためにリスクアセスメントを内側からサポートしています。

*働き方改革関連法により2019年4月1日から「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されました。
長時間労働やメンタルヘルス不調などにより、健康リスクが高い状況にある労働者を見逃さないため、産業医による面接指導や健康相談等を確実に実施することが重要となっています。

産業医とは

産業医とは、企業等において労働者の心身の健康管理に関することを、専門的な立場から指導・助言する医師です。
常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに、産業医を1人以上選任することが労働安全衛生法により義務付けられています。

  1. 2ヶ月に1回以上の職場巡視
  2. 安全衛生委員会への出席
  3. 長時間労働者との面談
  4. メンタルヘルス対策
  5. 健診の有所見者についての就業上の措置

産業医と一般の医師の違い

産業医

従業員との面談や職場巡視を通じて、就業上の健康問題を評価し指導や助言を行う

活動場所 契約先事業所
対象者 全ての従業員
職務内容 健康リスクが高い従業員の面談指導、事後措置に関する提言 就業制限・就業可否判断、職場復帰判定 労働衛生教育 など
その他 事業者への勧告権あり 事業者側、従業員側の一方に偏らず中立的な立場

一般の医師

患者の診察や検査を通じて、疾患に対して診断・治療を行う

活動場所 医療施設
対象者 来院した患者
職務内容 検査 診断 治療
その他 事業者への勧告権なし

具体的な産業医の業務

毎月1回以上の職場巡視
作業方法や衛生状態の確認を行い、必要に応じて助言指導を行います。(一定の要件を満たす場合は2か月に1回以上)
安全衛生委員会への参加
健康保持増進に関する提言や健康に関する講和を行います。
健康診断の実施と事後措置
結果をもとに従業員一人一人の就業可否判定を行い、必要な方に個別面接指導を、企業側には健康保持のための就業調整を提言します。
長時間労働者面談
時間外・休日労働が月80時間を超える方に対して、脳・心臓疾患や精神疾患のリスクを評価し健康管理を強化するための面接指導を行います。必要時は残業制限などの措置を提言します。
高ストレス者面談
ストレスチェックにおいて高ストレス判定を受けた方を対象に、ストレスへの気付きや予防・対処を目的とした面接指導を行います。
職場復帰面談
病気の回復具合だけではなく、問題なく業務が遂行できるか、復帰の準備は十分に整っているかという視点から復職判定を行います。
その他
管理職や従業員への衛生教育、個別相談など

朋愛会の産業医

本行 忠志 先生

管理医師・産業医

健康診断や医療面接等を通して、皆様の健康管理をアシストしていく所存ですので、よろしくお願いいたします。

赤澤 美歩 先生

精神科医・産業医

メンタル不調の社員対応や復職支援など、一定の基準がある中でも事業所の状況に合った柔軟な対応を心掛けています。些細なことでもお気軽にご相談下さい。

山本 直樹 先生

精神科医・産業医

働く人の健康を守り、企業に貢献できるよう全力を尽くします。

中小企業でも産業医を選任するメリットは多数

産業医選任の必要が無い小企業や嘱託産業医を1人選任するだけでよい中企業であっても、産業医を増やすメリットは多くあります。
社会的責任を果たす一環として選任するケース、労働者のパフォーマンスを向上させることで利益につなげるケース等の施策の一つとなり得ます。その為、産業医へのニーズは社会全体で高まっています。